2005年03月24日

イメージ交響組曲 ハウルの動く城

イメージ交響組曲 ハウルの動く城

メーカー:徳間ジャパンコミュニケーションズ
アーティスト:チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
価格:¥ 2,700
メディア:CD
発売日:2004/01/21

レビュー

Amazon.co.jp
宮崎駿監督作品といえば、久石譲の音楽。作品の完成に先立って、サウンドトラック盤とは別に「イメージアルバム」が発表されるのが恒例となっており、本盤も2004年夏公開の『ハウルの動く城』からインスパイアされて作られたもの。プラハまで出向いてチェコ・フィルハーモニー管弦楽団に演奏をゆだね、さらにミックスダウンとマスタリングはロンドンのアビー・ロードスタジオでおこなった、力の入った1枚だ。

「100%音楽だけで世界観を作り上げることを念頭に置いた」と久石自身が語るこのアルバムでは、全編、緻密に構成されたオーケストラ作品が並ぶ。奇をてらうような部分はないが、久石節と呼べそうなキャッチーな旋律も随所に顔をのぞかせ、飽きさせることがない。(剛吉若寸也)

内容(「CDジャーナル」データベースより)
2004年夏公開の宮崎駿監督作品『ハウルの動く城』のイメージ・アルバム。宮崎作品すべてのサントラを担当している久石譲が、監督からのメッセージや資料を元にイメージした書き下ろし作品。
posted by みーちゃん at 13:54| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。